しばいヌの地下吠え(狩)

思い付きを一方的に吐き出しているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

R-15G

「ガラスの破片」(一日目・移稿)

※好ましくない不快な描写があるかもしれません。閲覧ご注意ください。 じわじわと、何かに追い詰められているようだった。 最初の朝に見つけたものは。 血を吐いて横たわっている、野良猫の死体だった。 君が悪い光景に何かを直感して、すぐさま家族を呼んで…