読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しばいヌの地下吠え(狩)

一方的に吐き出したりダダ漏れしているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

最終話「マザーの誤算」

『理論も検証も、最適なはずです。それなのに―』

突如として、すべてが、消失してしまったのは。

 

「・・・彼らには、分からない、解明できても、理解しがたい概念なのだと思います」

 

“生まれたこと、生きることに疑問を持ち、模索し続ける”

 

「そういう、存在なのですよ、人間って」

つまりは。

「目的を与えられて遂行する、というパターンだけでは、生きていくことに耐え得がたい苦痛を伴ったのだと思います・・・あくまで、過去に生きている僕の推察ですけれど」

 

どんなに、恵まれた環境を設定したのだとしても。

 

「ほら、ええっと・・・誰かが言っていた言葉の引用なんですけれど―」

“人生に絶対的普遍の目的なんて無い。目的を探し続けて、死ぬまでの時間つぶしをするのに屁理屈つけているのが、人間なのさ”

未来を生きていたあなたに、この言葉がどう伝わるのか、分からないんですけどね。

“過去の”研究員の男はそう言って苦笑した。

 

しかしながら。

彼の言葉が真意を突いているのだとすれば。

人類は既に、絶滅しているようなものだった。