読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しばいヌの地下吠え(狩)

一方的に吐き出したりダダ漏れしているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

「集積する雲・・・のようなもの」

人人の寝静まる深い夜は、とくに[それ]が、鮮明に見えるという。

「ひとつひとつは、小さな糸くずなのよ」

 ぼんやりとした光を放つように見える[それら]は、ゆっくりと天向かって上昇していく。

「これって、死んだヤツらの魂とか、そんなものなのか?」

 呆然とその光景を見上げていた少年が問うた。

「魂より、もっとちいさな意思・・・いえ、意思すら持たないものもあるかしら」

 少女が言うには、ひとつの[共通目標]にむかって集まっているのだという。

「共通目標?」

「いろいろよ。慈愛に向かうものもあれば、滅びをもたらすものもある。それぞれが意思を持たないマテリアルの場合は、強固な意志によって引き寄せられ、そのまま吸収されることもあるから」

 少女は淡々と話す。
 彼女にとっては、他愛のない日常の出来事のひとつに過ぎないのだろう。

「で、今のこれらって、どっちなんだ?悪いほうか??善い方か??」

 焦れた少年が、さらに問いかける。

「あなたに何処まで見えているのかは分からないけれど・・・はっきり言って、分からないわ」

「あんたも、そんなに見えていないって事か」

「違うわ」

「じゃあなんで」

「善悪の価値観は、当事者が決めることだもの」







 彼女たちにとって、死とは。

「編み上げたセーターが、徐々に傷んでほどけていくようなもの」

 なのだそうだ。

 その後で、[終わり]がくるのだという。

「糸そのものの繊維が、ほどけて散っていくのよ」


 そうして。

 今彼らが見送るような、まるで、淡雪が雲に吸い込まれていく逆回転映像のような光景が、しばしばみられるのだという。


「吸い込まれないヤツは、どうなるんだ?」

「溶けていくの」

「何処へ??」

「すべてに、よ」

「????」


 つまりは。

 次元宇宙の構成元素として[還る]ということらしかった。