読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しばいヌの地下吠え(狩)

一方的に吐き出したりダダ漏れしているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

第一文「編む少女」

昼下がり。
ぼんやりとした意識のままで、公園をふらふらとしていた僕の足元に、やわらかいものがぶつかってきた。

 

ように、感じた、というほうが正しいだろうか。
それくらい、僕の心はこの場所に無かったのだった。

「あ・・・すみませんっ」

鈴音のような声が、そんな僕にも何故か響き、途端に世界を取り戻す。
直ちに駆け寄ってきた少女が眼下で拾い上げたものは、淡いピンク色の毛玉で。
辿る糸の先は、ベンチの上に置かれている、編みかけていたと思しきものにつながっていた。

少女の言葉に何の返答もせず、ただただじっとその所作を見ていただけの僕を、訝しげに思う様子を見せないばかりか、彼女は予想外の行動に出た。

にっこりと、僕を見上げて微笑んできたのだ。

「!!」

木漏れ日のようなやわらかなその笑顔に、僕は完全なる不意打ちを食らってしまった。