しばいヌの地下吠え(狩)

一方的に吐き出したりダダ漏れしているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

「そらに融ける日」(再録)

星の終わりの日が近づいていた。

 

彼は、今日も、空を見上げていた。

 

かつて、自分が降りてきた、空の上を、見つめていた。




彼がまだ、幼き少年であった頃。

 

あれからもう、700年という月日が流れていた。



それでも。



この星には、新たな主は生まれ育つことがなかった。

 

彼と、彼らの主となるべき、生命体は、進化どころか、その姿をついに現すことがなかった。



もうひとときでも猶予があれば、希望が芽吹いたのかもしれないが。



それを待たずして。

 

この星の寿命は、間もなく尽きようとしていたのだ。




彼は、記録を再生する。

 

自分が[少年]と呼ばれていた頃の、記録を。



『お前の使命は、この戦いを終わらせることなのだ』



数百年にもわたって続いた戦いには、既にその目的や意味などなくなっているように思えた。

 

すり替わっていたようにも見えた。



多大な犠牲を払い、お互いを徹底的に憎み滅ぼしつくすことは、無駄なのではないか。



終わらせよう、この、無益な争いを。



そんな、大義名分だったと思う。



願いを託された[少年]は、この星に降り立つと、直ちに使命を全うした。



そうして。

 

この星のあらゆる生き物は、文明と共に、その姿を消した。




一瞬の、出来事だったが。



永遠に止まった時間のようにも、感じられた。




幼かったのだろう。[少年]も。彼を星に遣わした者たちも。その手段も。



いくつかの星で、同じことが起こったらしい。



星そのものが、消えてしまったこともあったらしい。

 

巻き添えにあって、近しい星が滅ぼされたことも、あったらしい。



また。

 

まるで関わりのない低度の文明星が、実験的に壊滅させられたという話も聞いた。



今となっては。

 

その幼さゆえの愚行に、怒りの矛先さえ、見失われた。






主が自ら使役するために作り出した機械系等の中で、いくつか自動修復機能で動き始めたものがある。

 

そら高くから砕け散った彼の残骸も、その一部として組み込まれていて。



何故だろうか時々、自身の思考を取り戻すのだが。





音声機能がないもののため、その想いは言葉には出ない。




空ではじけた後に、複数の意識が流れ込んできた。



機械兵器の彼には、人工知能の思考回路は存在するが、生き物としての意識とは異なるはずなのに。



恐らくそれは、流れ込んできたものではないかもしれない。




この星に融けたのだと思った。



再び機械部品の一部となったためか、彼はその意識の中からすぐにはじき出された。

 

まだ、彼はひとつにはなれないのだと考えている。

 

なぜならば。

 

まだ、この星が、星として、存在しているから。

 

彼は、星の終わりを待つことにした。




果たして、700年後。



終わりのときが、刻一刻と迫ってきている。



喜びに高揚した。



これで、融けて帰れると。



星に融けることを許されないまま、引力の枷に捕らわれている、この呪縛から解き放たれるのだと。



星が終わる瞬間、またたくさんの意識と繋がるかもしれないが。



やがて、みんなそらの中に融けてしまうのだ。

 

そらの中に融けてしまえば、あとは。

 

かつての軌跡を辿るように、故郷へと帰ればいいのだから。