読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しばいヌの地下吠え(狩)

一方的に吐き出したりダダ漏れしているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

第一文「淘汰」(移稿)

先生の言うことは、まるで意味がわからなかったが、衝撃的でもあった。

「何のために生きているのか、だって?そんなことで悩んでいるのは、一部の人間だけだよ。そしてそもそも、我々が生きている意味なんて無いのだよ。生きて いる意味を探していかないと、生きている気がしないなんてのは、ほんとうに、限られた一部の人間が抱く、永遠のテーマなのだよ。答えなんて無いさ。それで も君が悩みたいというのなら、たくさん悩むといい。それが青春なのかも知れないだろうから」

「若さゆえの、一過性のニヒリズムか何かだと、先生は仰るのですか?」

「そうかも知れないし、或いは、もっと根本的な、根源的なことなのかもしれない。そんなことは、君自身で考えていけばいいだろう?これからの君の人生を掛けて知れば良い事だ」

「それでは答えになっていません!」

興奮し、思わず声を荒げてしまう。
しかし、先生は、相変わらず表情一つ変えないまま、いや、むしろ取り乱す僕を見て可笑しそうに笑みさえ浮かべながら、静かに言うのだった。

「君が答えをほしがるのなら、私なりの考えを述べることにしよう。しかしながら、これは私の経験論に過ぎない。君は君の人生の中で、君だけの答えを見つけていくべきだろう」

「結構です。先生の意見をお伺いしたい。」

「ではー」

軽く咳払いすると、先生は僕にくるりと背を向けた。

そして。

「われわれは生かされている。自分の意思ではないものに。これはけして宗教概念でもなんでもない。実に単純明快に、科学的なことだ。われわれは、われわれ ではないわれわれ自身によって、生かされており、これはわれわれ自身の意思ではないのだ・・・ここまでは理解できるかね?」


僕は、背中越しに先生がニヤリと哂うのを確かに感じたのだった。