しばいヌの地下吠え(狩)

思い付きを一方的に吐き出しているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

第二文「面白くない男ですみません」(移稿)

ふぅぅぅぅぅ・・・。

今日何度目かの、深い溜息を吐いた。

視線を上げてカウンター越しに見つめるいつもの席に、やはり彼女の姿は無かった。

「・・・はぁ・・・」

「体調悪いの?」

うっかり声に出してしまった所為で、背後から店長さんがそう声を掛けてきた。

「あ・・いえ、なんでもないです!テーブル片付けてきますね!」

あわてて振り返り、笑顔で取り繕うと、そそくさとホールへ向かった。


ついさっきお客様の退席されたテーブルを拭きあげながら、どうしても彼女を探してしまう。

あの日から、二ヶ月ほど。

毎週のように、週末の午後は僕の働いているカフェで、季節のオススメとスナックをオーダーして、観葉植物の並ぶ窓際の席で過ごしていた彼女は、まるで姿を見せなかった。




「・・・やっぱり」

声を掛けるタイミングが悪かったかな。

「読書が終わってからの方が、気分がそがれなくて良かったかも知れない・・・あ、でも、そうすると。余韻に浸る邪魔にもなるかなぁ・・・」

客の視線が僕に集まっているのを感じてはっとする。また声に出てしまっていたらしい。気をつけないと。








彼女に初めて出会ったのは、半年ほど前になる。

普段は大学の講義が終わった平日の夕方にシフトを組んでもらい、土日は休みを貰っていた。