読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しばいヌの地下吠え(狩)

一方的に吐き出したりダダ漏れしているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

第四文「変化」(移稿)

また、僕自身も本が好きだと言うのもあり、同じ類の人を見つけると嬉しくなって、それだけでも親近感が沸く。書店にあるカフェにバイトを決めたのも、それが主な理由だ。
ここならば、帰りに幾つか物色してすぐに買えるし、書店の店員さんたちと親しくなれば、新刊入荷の情報もいち早くチェック出来る。

そして何より、本が好きな人たちとの出会いもあるのだ。


ぶっちゃけると、趣味の合う彼女が出来るといいなという、淡い期待もあったりするんだけど。



女性客はたいてい友だち連れか、カップルで来る人たちが多い。一人で来店して、本を片手にゆったり時間を過ごす人は、ほとんどいないのが現状。僕の勤務シフトや、時間帯のせいも有るのかも知れないけれど。




―?


椅子とテーブル周りを綺麗に整え直して、何気なくまた彼女の方に視線を向けたとき、僕は初めて、ある異変に気づいた。


―見間違いかな?


あまりその場に立ち尽くしているのも不審に思われてはいけないので、僕は一旦カウンターに引っ込むことにした。そして、遠巻きに彼女の表情が見える位置から、そっと様子を窺うことにしたのだ。



すると。



ページを読み進めていた彼女の顔が、途端に綻んだ。


そして・・・。


―やっぱり。思ったとおりだ。見間違いじゃなかった!