しばいヌの地下吠え(狩)

一方的に吐き出したりダダ漏れしているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

第五文「微妙な再会1」(移稿)

―あったまるなあ。

新作ベリーのラテをすすりながら、ふうう、と息を吐いた。

暦の上では春なんだけど、まだまだ3月は風が冷たくて肌寒い。
マフラーも手袋も手放せない。

―ここの景色も、そんな悪くは無いんだけども。ああ、夜になったら、夜景を楽しむのにはいいのかもしれないな。

窓を向いて設置されているカウンターから、ビルの立ち並ぶ外の景観を見下ろす。

―・・・カップル多いんだろうな。混んでなくても行きづらいな・・・

わざわざ夜に出歩く気もないし、と、ぼそりつぶやく。


変な男に声を掛けられたのは一度きりだったが、あれからしばらく、例のカフェには行かなくなっている。
警戒心が強すぎるのかも知れないが、何となく気持ちがそがれてしまったのだ。

そこで、同じく駅の近くの別棟のビルにある書店に寄り道を変更した。
ここも店舗の奥に、やはりカフェを併設しているのだ。

ただしこっちは、未清算の商品を持ち込み禁止なのだが。

試し読みOKの件のカフェでも、結局購入した本を持ち込んで読んでいたから、自分にとってはあまり関係なかった。



「・・・・・・寒い。」

室内の暖房が効いていないわけではないのだが、窓越しに外の冷気が伝わってくるので、この位置は暖気が相殺されるようだ。

―もうちょっと温かくなったら、一階のオープンカフェに行くんだけどな・・・まだ勇気が出ないな。

歩くと風が頬にまだ刺さる気候だ。身体が冷え切ってしまうことは間違いない。