しばいヌの地下吠え(狩)

思い付きを一方的に吐き出しているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

第六文「微妙な再会2」(移稿)

逆に真夏の炎天下も遠慮したいが。

―しかしあんまり無気持ちいい陽気だと、まったり寛ぐを通り越して爆睡しそうだな・・・


「わー・・・ここって見晴らしいいんだなぁ!向こうのビルより二階分フロアが高いだけなのに、景色違うなぁ・・・」

がたん、と隣に腰掛ける音とともに、大きめの独り言が聞こえた。

ぼんやりまったりしていた脳みそは、途端に現実に引き戻される。

―うるさいのがきたな。

カウンター席は有無を言わさず相席状態になるのが難だ。景色を平等に楽しめると言うメリットもあるが、両隣が近い分、プライベートの空間はあまり保証されない。

―癪だから、もうちょっとだけ居座って様子を見よう

後になって思えば、ここで意地を張らなければ、面倒なことには巻き込まれなかったのだが。

「最近は、こっちに通っているんですか?」

話しかけてきた。

誰だコイツ?

ていうか、何だかデジャヴをガンガンに感じるんですけど気の所為ですか。

「はい?」

視線を声の主のほうへ上げてみる。

目が合うと、わりとナチュラルな営業スマイルが返ってきた。

男友達も多少はいるが、仲間内にこんな知り合いいないと思うんだ。

―立ち上がったら、相当でかいんだろうな。

頭ひとつ分くらいは見下ろされている。
人懐っこそうな顔つきの為か、そんなに威圧感はないのだが。

「・・・どこかでお会いしましたか?」

訝しげな表情を作り、素直な質問をぶつけてみた。相変わらず警戒心のアンテナはびしびし立てている。

男は「あー・・・やっぱり覚えてないかー」と言いながら、ばつ悪そうに頭を掻いて苦笑いした。

「誰かの知り合いですか?」

「あー・・・いえ、そういうわけじゃなくて・・・・。あ、前によく行ってたカフェ、覚えてます?カフェ・アレグロ。僕、そこのバイトなんです」

―・・・どこのカフェだろう・・・名前いちいち覚えて居ないんだけどな・・・

と思いつつ、何となく思い当たった事を確認してみた。

「本間堂書店の中のカフェ、かな?そこならしばらく通っていた時期はありましたが・・・」

「そう!そこですそこ!で、僕のことは・・・・・・・やっぱり覚えてないみたいですね・・・ははっ」

「そうですね、すみません」

特に悪びれる感じもなく、言葉だけの謝罪を並べた。
カフェの店員いちいち覚える趣味は無いからなー。