しばいヌの地下吠え(狩)

一方的に吐き出したりダダ漏れしているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

第八文「ナシったら、ナシなんです」(移稿)

「ナシだよ、ナシ。ナンパと一目ぼれはありえないね」

弁当のおかずであるタマゴヤキを飲み下すと、そう言い切った。

「出会いの一つのきっかけだって思えばいいじゃん!そんなだからアンタ未だにまったく男っ気ないのよー!」

向かいに座る同僚、サキコが、箸先を向けつつ呆れたような口調で言い放つ。

「で、いいオトコだった??ナンパしてくるようなヤツって、ある程度自分に自身持ってるってことじゃん?ルックスは並以上と見た。」

身を乗り出し、興奮気味に詰め寄る。まるで自分ごとのように嬉しそうである。

「顔覚えてないやー。興味なかったしウザかったしー」

「ちょっとー!」

椅子に掛けなおす。心なしか残念そうだ。

「アンタがNOでも、アタシがイケるかもしんないじゃん」

ああ、そういうことか。

「じゃあさ、今度一緒にお店行ってみる?譲るよ」

いや、私の所有物でもないんだが。

「行く行く!や、ていうかさ、アンタマジ連絡しないの?」

「こっちの電話バレるじゃん。掛けて登録されたら嫌だ。かと言って、わざわざ公衆電話から掛けるのも、めんどくさいし・・・お金掛かるじゃん」

「あたりまえでしょーが。いいオトコ捕まえたいなら、ソレくらいのリスク負いなさいよ」

「えー」

その当たり前、が嫌なんだっつーの。ましてやリスクなんか背負いたくもない。

「だって相手もそれなりにリスク覚悟な訳でしょ?名前も書いてるし」

ああ。

携帯番号らしき数字の下に、確かに名前はあった。

制服のポケットからぐっしゃにした紙切れを取り出して広げると、改めて確認してみる。

その様子を見てサキコが「もー!なんでちゃんと折りたたんであげないの!」とブーブー文句を言っていたが、軽く流しておいた。要らないものだから、と言ったところで、怒りが増すだけだろうし。

「そうだね。個人情報だよね。返した方がいいよね。よし、今度の休みにカフェ行って来よう」

「なんでその発想なのよー・・・まぁ、いいわ。アタシが見極めてあげるから、それからにしなさいよ」

腕組みして、やる気満々といった感じで笑顔を見せた。

「まぁ・・・任せるわ」

そのあとはいつもの世間話の類をしながら、もくもくとランチを食べ進めた。

予想通りというべきか。

―面倒なことが増えたような気がする・・・

心の中で深く溜息を付いた。