しばいヌの地下吠え(狩)

一方的に吐き出したりダダ漏れしているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

第九文「思惑、それぞれ」(移稿)

今日の講義を終え、僕は大学の友人と近くのレストランで昼食を摂っていた。

「んー・・・なんつーか、軽いナンパだと思われたんじゃね?」

「・・・やっぱり、そうなのかなぁ・・・」

携帯の着信履歴を再び辿ってみるが、結果は同じ。ほぼ、見知った友人たちのものしかない。

あれから更に半月ほど過ぎたけれど、彼女からのアポイントは未だに無い。

「無理もないだろーなぁ。向こうはお前の顔も覚えてなかったくらいなんだしさ?」

サトシは、パスタをくるくると器用に巻き取りながらそう言った。

「・・・改めて言われると、凹む・・・」

あからさまにがっくりと、僕は肩を落とした。

―これでも結構、頑張って声掛けてきたつもりなんだけどなぁ・・・

そうなのだ。

毎週末のカフェ常連さんというだけでなく、平日の夕方にもよく、書店の方へは立ち寄っていたというのを知ったので、出会うたびに一言声掛けを実践していたのだ。


『いつもご利用有難うございます!』

『本、お好きなんですね!』

等々・・・もれなく、飛び切りのスマイル付きで。

それである程度は印象付けられたかと思って、バイトの休みを貰っていた日曜日に、話しかけてみたんだけど。

「ソッコー、逃げられたんだろ?」

「あ、あれはタイミングが・・・」

「合わなかっただけ、じゃないと思うぜー?ヒロが思ってたほど、相手の印象が薄かったんだろうなー」

わが友ながら、はっきり言う性格だなと痛感する。でもそこが、彼の良い所ではあるんだけど。

―今はサクサク突き刺さるなぁ・・・

「でもなー、親友の俺が言うのも何なんだけど・・・今回の場合は相手の女の方が、おかしいぜ?」

「・・・え?」

意外な言葉に、僕は思わず彼を真っ直ぐ見詰めてきょとんとしてしまった。

「何が、おかしい、と??」

彼は適当なことを言っているように見えて、時折発言の鋭さを増すことがあるので、そのギャップにしばしば驚かされることがあるのだ。恐らくこの度も、彼なりに思うところが有るのだろうと察し、問いただしてみた。


「えー?だってお前、割りかしイケメンの部類に入ると思うしさ?身長もあるだろ?まぁ、見た目だけじゃなく性格もいいのは保証するけど。そんな男に声掛けられたら、よっぽどで無い限りは嬉しいんじゃないかと思うんだけどなぁ、単純に」

相変わらず視線はパスタに向いたままで、そう言いきった。

「ねぇ、たとえばさ。余程のことって、どんなこと??」

「え??」

想定外の質問だったらしく、パスタを弄る手が止まった。

「あー・・・例えばだなぁ・・・そうそう!男嫌いで過去に嫌な思い出あるヤツとか、B専とか、イケメンが嫌いなやつとか、まぁ、変わりもん、ってヤツ?」

「ああ、成る程!」

「・・・お前、ほんっとに素直でいいヤツだなぁ」

「だって、その発想はとっさに思いつかなかったから、サトシやっぱその洞察はすごいよ!」

感心している僕を見て、何故かサトシが苦笑した。