読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しばいヌの地下吠え(狩)

一方的に吐き出したりダダ漏れしているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

第十一文「勝手な待ち合わせ」(移稿)

「うわー!ほんと広いねー!こっちの駅で降りることはあっても、本屋って用事無いから寄った事なかったもんねー」

ものめずらしげに全体を見渡し、サキコが感嘆の声を上げた。

「で、例の彼のショップは何処よ?」

「レジの右奥」

「オッケー!いこいこ♪」

ほんま嬉しそうだな。浮かれるサキコとは対照的に、足取り重くカフェのカウンターへ向かった。

あー、なんかやっぱ、感覚違う。

久しぶりに訪れた店内は、雰囲気はそのまま残しつつも、微妙にテーブル配置などが変わっていた。

「返却棚・・・消えたか」

ワンフロアぶち抜きの書店は、とにかく規模が大きく広い。接客や新刊入れ替えなど在庫整理だけでも大変なのに、客が読み漁った書籍の後片付けなんて、とてもじゃないが手が回らないだろうことは、当初から用意に推測できたことだ。

―人件費の問題が多いかと思われるな。

「ホワイトモカラテ、トールで!」

ここはほぼセルフサービスなので、レジカウンターでオーダーを済ませて、商品を受け取ってから好きな席へ座るのだ。早速サキコが注文を決める。即断即決が信条だけに早い。

「向こうのテーブルに行ってるよー!」

あれ。もうドリンクもらったのか。というか、私が注文迷いすぎてる所為だろうな。ワンテンポ以上遅れを取って、ようやく決定。

「ダークチョコレートのソイラテ、ナッツトッピングで」

作るのも手間がかかったらしく、テーブルに着いたときには、サキコのドリンクはほぼなくなりかけていた。

「相変わらず、マイペースねー」

苦笑される。

「マイペースという意味では、サキコもでしょ。お互い自分ペースってことだよ」

「ヘリクツー!アンタ優柔不断なのよー!あ、ところでさ。彼今日いた?」

そう言いながら、カウンターをキョロキョロと分りやすく物色し始めた。

「あからさまな探し方だな・・・。見る限り、カウンターと店内には見当たらないねー」

カフェを目指したときからちらちら見ていたのだが、らしき人物は見つけられなかった。

「割と身長高い人みたいだから、そういう飛び抜けて目立つ思うんだけど・・・いないっぽいねー。まぁ・・・いつもより一時間早く来てるから、まだきていない可能性もあるけど・・・休みの日かもしれないしー」

「えー、折角朝早くからいろいろ気合入れてきたのにー!」

いやそら、そっちの勝手な都合だろ、と密かに突っ込んでおいた。