しばいヌの地下吠え(狩)

一方的に吐き出したりダダ漏れしているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

第十四文「周知の事実だった件について」(移稿・ここまで)

結局、そのあと小一時間粘って待ってはみたが、着信の気配すらなかったので、さすがに二人してカフェを出ることにした。

夕方解散するまで、同じビルのテナントをぶらぶら見て回ったりした間も、何事もなく時間だけが過ぎ去った。

「まぁ、ねぇ・・・知り合い同士じゃないわけだしー」

「いきなり見知らぬ女から電話来たら、不審に思って様子見るだろうしさー」

「・・・あとで履歴見て引いてなきゃいいけども」

一応、電話が途切れてからも試しに何度も掛けてはみたのだ。
トータルして10回以上は、留守番サービスにつながっては切れている。

見知らぬ勘違い女のストーカー行為だと思われても、不思議はないだろうなー。


そして、翌日。

ランチタイムに部屋を出ると、何か含みのある笑顔でサキコが出迎えた。

「今日はさ、食堂じゃなくて、外行かない?」

「異様に嬉しそうだけど、良い事あった?」

警戒しつつ、尋ねてみると。

「そうねー、まぁ、あったっちゃーあったかなー♪」

「ふーん・・・もしかして」

「その、『もしかして』だと思うよーん♪」

何か見下ろした言い方でもったいぶるなあ。

その思いが伝わったのか、すぐにこう切り出した。

「ぶっちゃけ、彼から昨日の晩連絡来たんだよねー。そいでさ、会う約束取り付けたから☆」

言いきった彼女は、清々しい笑顔で達成感を満喫していた。

ていうかさ。

何やってくれたんだああああああ。

「ええええええええええ???!!!ちょ!マジ何やってんのお姉さんてばあああああ!!!!」

「ちょっと声大きいからッッ!!」

声を上げる私を制するように腕を強く引くと、足早に通路脇の物陰に引っ張り込んだ。

「だってそもそも会うために連絡しまくってたんでしょーがッ!約束取り付けないでどうするのよ?モッタイナイ!!」

「ええええだってさ」

いや私全然勿体無くないですから!

「アタシが後悔するわよ!」

・・・・・・・・。

ああ、そうだった。アナタがエモノをターゲッティングしたんでしたよね。

「・・・・・・まぁ、いいけどさ。頑張って」

ポン。と肩を叩く。

そうそう。よくよく冷静に考えたら、私関係ないわけだ。逢うのは彼女の自由だし。何も一緒に行くとは・・・。

「何ヒトゴトみたいな態度してんの。モチロン一緒に行くのよ♪」

「何で?会う約束したのはサキコでしょ?私関係な」

「関係なくない!アンタ連れて来るのが逢う条件なんだからッ!顔見知りなんでしょ?協力してくれるわよね★」

今度の笑顔は目が笑っていません怖いですってばああああ。

「顔見知りという訳では・・・・ハイハイ・・・行きますってば」

「さすが!持つべきものは親友よねぇー!」

いや。ただの同僚であり、友人といえば友人だけども、割りとライトな付きあいだったはずで・・・そこまで昇格した覚えはないんですけど。

「・・・まぁ、じゃあ今日はその件についての話しあいをするって訳ね」

観念するか。
まあ。一度顔あわせて親しくなってくれれば、あとは二人でやってくれればいいしさ。

「そうねー・・・あ、そうそう」

「何。これ以上の衝撃的な告白あるんですか?」

「アンタの名前、フルネームで知ってたわよ?」

「え」

えええええええええ。

なんだってええええええええ。

「・・・なんで知ってるんだあのストーカー野郎・・・!!」

「うふふー♪何ででしょう?まぁ、アンタも詰めが甘かったってことよねー!」

サキコは勝ち誇ったようにけらけら笑いながらそう言った。

「ちょ!教えてってばあああ!」

絶対何か知ってるはずだ。

そう確信めいたものを感じながら、彼女を追い駆けるように階段を駆け下りた。