しばいヌの地下吠え(狩)

思い付きを一方的に吐き出しているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

「遠い帰還」(改題・再録)

なぜ、帰ってはならないのだろう。


なぜ、誰も、喜びで迎え入れてはくれないのだろう。

 

どれほどの月日が流れたことか。


どれほどわたしが、ふるさとへの帰還を待ち焦がれたことか。

 


ながいながい、ときには自らの、生まれてから幼い日からの、遠い遠い記憶の、か細い糸をたどりながら。


何度も何度も、生まれ変わり命をつなぎながらの。

 


ようやくたどりついた、旅の終わりだった。

 

 


私の見てくれはもはや私ではないかも知れぬ。

 

だが、わたしのこころは。

 


ふるさとや愛する家族を思い焦がれるわたしのこころは。

 

 

何も変わってはいないのだ。

 


あのころと何も変わりはしないのだ。

 

 


幾度拒まれても滅びようとも。

 


いかなる手立てを講じようとも。

 


何度も何度も。

 

生まれ変わろう。

 

 


故郷の土へと還る日までは。

 

 

 


(『Galactic Storm』とある航海士の帰還モノローグ)