しばいヌの地下吠え(狩)

一方的に吐き出したりダダ漏れしているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

「待ち続けるもの」

重責を解かれ、ようやく穏やかな日々を過ごせるはずだった。

―また、あの少年か・・・

あの夢を見続けたしばらく後で、丁度、任期を終える間際に立ち寄ったとある惑星で、彼はひとりの少女と出会った。

その後、彼の見る夢から、“顔の見えない謎の少女”は現れなくなった。

―彼女は、彼女の役目を果たした―ということなのだろうか・・・

「・・・まぁ、確かに、メッセージは受け取った・・・と、思っておくよ―」

目の前ある机の引き出しをゆっくりと開けると、その“メッセージ”を確認する。

 

だが。

 

相変わらず、もうひとりの“顔の見えない少年”は、夢枕に時折現れては彼に何かを伝えたがっているようだった。

 

天と地を指し、まばゆい光と共に、消え去る。

 

「―何を、言いたいのだろうな、彼は」

男は、机の上にある箱からタバコを取り出すと、しみじみ味わいながら。

 

「・・・来い、ということか、私に?」

 

国家元首として、連邦代表としての役目は既に後任へと引き継いでいる。

今の彼には、星を背負う権限はない。

 

―もしかすると、私自身のルーツにまつわることなのかも知れないな・・・

 

まだ長いタバコの火を灰皿に押し付けると、おもむろに通話機へと手を延ばす。

そして、登録されたIDのひとつに掛けると、直ちに応答があった。

 

『あら、あなた。こんな時分にどうなさったの?』

 少し戸惑うような低めの、聞き慣れた女性の声だった。

「すまない、そっちの時刻をすっかり失念していたよ。ちょっとした提案があってね―」

『提案?・・・楽しいことなら大歓迎よ?』

「ああ、きっと思いでに残る楽しい旅になるよ・・・詳しくは、戻ってからゆっくり話そう」

『まぁ、素敵ね!楽しみに待っていますわ―』

 通話を終えると、まだ残るタバコの薫りの余韻に浸る間もなく、彼は部屋を後にした。

 

 

 

※少女との出会いの詳細は未収録です。

※現時点で最も関連するものは以下になります↓

「「継承するもの」」/「しばいヌ@PCクライシス中」の小説 [pixiv]

 

 [ちょこっと更新]

少しずつ各所言葉を増やしているという感じで進めています。

※いずれも初投稿からかなりの年月が経過しているため、続きが読みやすいようシリーズとしてくくりました。今更事案ですみません・・・(大汗)

『裏切り者は、裏切らない』(中編)

一頁目完了。この先は二頁目からになります。

『おもいのかけら』(2)

たぶん(3)くらいで終わるかな、と・・・予定は未定ですが(冷汗)

 

[余談]

今思いついたが、散々でてくる各所占い結果の「環境が大きく変わる」「引越しのタイミング」って、もしかしてPCのことなのかな・・・だったらバッチリ当たりまくっているんだが(苦笑)