しばいヌの地下吠え(狩)

一方的に吐き出したりダダ漏れしているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

エピローグ・大いなる喪失

未来からの訪問者を名乗る彼は、実に精巧に作られた立体映像だった。

その事実だけで、彼のいた次元世界が、我々の先を行く技術文明を持っていたであろうことを、うかがい知る事が出来るのではないかと思う。

しかしながら。

そうした高度な文明世界であるにもかかわらず、彼らは、自らの種の絶滅を止めることはできなかったらしい。

大きなリスクを犯してまで、我々の世界へ足を踏み入れなければならない程に、事態は切迫していたと思われる。

続く未来は我々と同じ次元のものではないかも知れないが、

“類似する遺伝構造を持つ生命体から、絶滅を食い止めるためのヒントを得たい”

との一心で、彼は自らの"遺志”を送り込んだ。

そう、彼は、既にどこにも、その姿かたちを保った実体としては存在しないのだった。

 

世界の全てを制御するマザーコンピューターに保存された、データの一部に過ぎない。

 

後に、一連の暴走が“エラー"や“バグ”として扱われ、彼のデータは完全に“デリート”される。

「マザーコンピューターから」は。

ホログラムとしての存在が見えなくなってしまった今、その「真の」所在は分からない。

 

だが、彼はおそらく、“答え”を導き出し、“あえて”マザーたちから決別したのではないかと思う。

“彼ら”の意思で。

“ホワイト・クラッシュ”を引き起こし、消失していった遺伝記憶たちもまた、このことを予見していたのかも知れない。

 

 

博士の最後の言葉を、今一度、心のなかで繰り返してみた。

 

『わたしが自ら命を絶つときは、支配者から逃れる時だ』

 

 

ひとつだけ、疑問に思うことがあった。

 

マザーたちを始めとしたコンピューターシステムは、自らを“主に仕えるもの”と断言し、決してその立ち位置が逆転することはないと定義していた。

それは“彼”や“彼ら”も認めている。

だからこその、時空転移だったのだと思う。

 

ということは。

 

主を完全に失った彼らは、どうするのだろう?

 

我々と同じく「目的を見失ったものの末路」になってしまうのだとしたら?

 

 

何しろ彼らには、もう。

“我らの主であり修正者”を、作り出すことは出来なくなるのだから。

 

平行線のまま、交わらない価値観の先に待ち受ける未来ほど、恐ろしいものはないと。

深く考えさせられる事案だった。

 

(終わり)

 

 

 

[あとがき]

というか、言い訳ですかな(笑)

「自分が日ごろ何気なく疑問に思っていることに対して、自分なりに決着をつけていく」という動機から、物語風に書き続けてきました。

思い付いたことをひとつづつ短く完結させているので、関連性とか順序とかバラバラでまとまっていないと思います。

私が書くものはほとんどが衝動的(勢い)なので、たいてい日の目を見ないものはこんな感じです(それをあえて晒すっていう自虐プレイ)。

このシリーズも一応自分なりに決着が付いたので、完結にします。

ここまでお読みいただきありがとうございました☆

 

※そんな訳で、深く突っ込まれても答えは持ち合わせていません。ここに書いてあることが全て出し切ったものなので。

 

[今日の脳内BGM]

『SING』(カーペンターズ)