しばいヌの地下吠え(狩)

思い付きを一方的に吐き出しているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

第三文「ジレンマと疑問」(移稿)

自分は、操られているのではないか?

という疑問を抱き始めてからの僕は、言い知れぬ不安におびえる・・・というよりは、妙なジレンマを感じていた。

だとしたら、どうすればいいのか。そもそも、誰が僕たちを操っているんだ?

そして。

「やつらが僕の疑問に感づいてしまっていたとしたら・・・」

恐らくは、先生と同じ末路になるのだろう。起爆スイッチを押され、この世界から消されてしまうのだ。一見自殺に見せかけたある種の他殺である。そして怪しい点は何も無いという、正に完全犯罪が成立するのだ。

「・・・・・・・何のために、そんなことを・・・一体、誰が・・・」

それを先生から聞きだす前に事件が起きてしまったのだった。

一見して自然死・・・しかし、先生から直接あの話を聞いていた僕だけは、引っ掛かりをおぼえずにはいられなかった。


そう。

真相の手がかりを知るのは僕だけなのだ。




「これを・・・どう生かせばいい?」





だが。


気づいたというだけで消されてしまうのも納得がいかない。

「・・・・・もしかすると」



先生は、他にも何らかの秘密を知ってしまったのかも知れない。


僕はまだ、そこまではいっていないかもしれない。

ただ単に、「操られているのではないか」という疑問を抱き始めたばかりの段階だ。

とは言え、あまり時間の猶予も無いかも知れない。


マークはされるだろう。


何より僕は、先生と近しいつながりを持っている人物なのだから。