しばいヌの地下吠え(狩)

思い付きを一方的に吐き出しているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

おともなく、ふりしきるものは(書き起こし中)

彼の人は、大げさにため息をついて見せると。

「・・・全てが、想定を超えていますね―」

目の前に座る少女は。

「・・・いろいろ、ごめんなさい・・・」

そう言って、ばつ悪そうに視線を泳がせていた。

「まったく・・・貴女という人は―」

「―?!」

「かないませんね―」

ちょん、と。

手にした扇子の先で、軽く彼女の頭を小突いて。

「これ以上の無茶は赦しませんから―私自らが、監視して差し上げます」

その言葉に驚いて見上げると。

「・・・あ・・・」

その微笑は、彼女にとって何処か、懐かしさを呼び起こすものに感じて。

つられるように、彼女も笑うのだった。

 

 

 

実に長い時を掛けて。

彼女が導き出した、考えうる限りで最良の選択が。

 

「和議・・・??」

 

誰しもが無謀なことだと畏れ、また、ある時は、一笑に付されてしまうこともあった。

しかし、彼女は諦めなかった。

―だれも、これ以上、苦しまないために・・・

それは、自身も含めての、切なる願いでもあった。

さまざまの課題をなし終えて、ようやく、ここにたどり着いた彼女の中には。

揺るがない覚悟の思いが在った。

 

(仕上げはぴくしぶにて。いつかそのうちに)※希望は未定

 

※新団体設立なるか→「惟盛殿に勺(扇子)で小突かれ隊」