しばいヌの地下吠え(狩)

思い付きを一方的に吐き出しているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

「星空見上げて」(番外後編)(移稿)

そんな心配をしていると、電話が鳴った。

「ハルカ電話よー!部屋に切り替えようかー?」

「んー、おねがいしますー」

自室に電話を引き込んでいて良かったな。

しかし若干アナログタイプなのが面倒なのだけれども。

受話器をとり、再び叫ぶ。

「いいよー、切り替えてー」

「はーい!」

母の返答後、ガチャン、ジー、という音とともに、雑踏が耳に届く。

「もしもし」

「あ、僕です!」

バイトおつかれー、かな?」

予想通り彼だった。昨日と同じシチュエーションかと思われる。

「あ、はい、お疲れさまでした!・・・・ですね!」

時々天然が入るのは彼の人柄だろうな。笑いが噴きだすのをこらえる。

「あ、そういえばさ、メール読んだよ」

「ああ!見てくれたんですね!」

「・・・てゆか、元気そうだよね。メール受信時刻見て心配したんだけども」

元体育会系のせいなのか、本人の性分なのか、元気全開のトーンが続く。
こっちは定刻で仕事上がりだけど、家に着いたらぐったりだよー。
若さっていいよなー、とか思ったりしたらダメなんだろうなあ。

「ああー・・・でも、睡眠はしっかり取れたので、平気です!」

ああじゃあ、メール受信時刻は正しかったんだな。

彼の話によると、帰宅後シャワー浴びてご飯食べて、寝る間際に思い出してしばらく空見上げていたらしいんだけど、やっぱ疲れが出て寝てしまったようなのだ。窓開けたまま。

「無用心というか無防備すぎるというか・・・よく風邪引かなかったよね・・・」

「あー・・・でも、くしゃみで目が覚めました。身体もかなり冷えちゃったので、毛布取りに行ってから、窓閉めようとして」

「順番逆のような気がするんだけど」

呆れるを通り越すんですが。

「いや、まだ空暗かったんで、もしかしたら見られるかなーと思って・・・そしたら、二ついっぺんに見られたんです!それで、嬉しくなっちゃって」

メールを打った、と。
リアルタイムにケータイ鳴ってたら、何事かと思うよその時間ってば。午前四時。あっちの世界へ引き込まれるんじゃないかって怖くなるっつの。

「それで、まだ時間有るなと思って、寝たんですけど・・・」

起きたのが昼前だったそうな。

「・・・講義が午後でよかったね」

「はい!助かりました!」

溜息混じりに慰めるも、真意は受け取ってもらえなかったようだ。まぁ、それが彼らしいところだろうから、もういいや。

朝も昼も食いっぱぐれたらしいので、講義のほとんどは集中できてないだろうな。
バイトもギリギリ駆け込んでるから、マトモに食べられてないはずだ。

「夜ご飯は、しっかり食べなよー」

「はいっ!これから大学の友達と飲み会なんで、がっつり食べてきますー!」

ああ、そうなんだ。それでこんなにさっきから元気に浮かれているのか、成る程。

「合コンがんばれよー」

「はい・・・じゃないです!男ばっかりで飲み会ですってば!男子会です!」

「うん、まぁ、どっちでもいいよ、楽しんでおいでー」

いたいけな天然男子をからかうと面白いなー。

「はい!じゃあ、行って来ます!おやすみなさい!ハルカさんも風邪引かないで下さいね!窓開けて寝たらダメですよー!」

「君が言ってどうするよそれ。ああ、経験論ね、OK把握。だけども、そっくりそのまま返すよその言葉。じゃあ、おやすみー」

根っからの陽気な性格の所為か、彼との電話は賑やかなまま締めくくられるのが常だった。

―やっと二十歳になったんだっけな。飲まれるなよー。

一方で、随分前に成人式を済ませた私は、まったくアルコールを受け付けないからな。今までは年齢制限として飲めなかったからよかったものの、こちらに合わせて気を使わせたくない。

「結構飲めることが分かったからなー」

今日もし流れ星を見つけてていたら、アルコール耐性を増やしてくれとか願っていたかも知れないな。

または。

「アルコールがこの世からなくなってくれ・・・とかは無理か」

非合法でヤバイものが逆に蔓延するかも知れない。アルコールがあるだけ上手く、世界が回っているだろうかも知れないし。

「あ、聞くの忘れたけど・・・ああ、こういうのは聞かない方がいいんだろうな」

 

『星に何か、願いをしたかい?』

 

カーテンを開けると、気温差で窓がかなり泣いていた。無論、外の景色は見えない。

 

「・・・相当寒そうだから、開けるの嫌だな。風呂入って寝よ」


それにもう、流れ星は見えないし。


カーテンを閉めなおすと、着替えを抱えて部屋を後にした。


(おわり)

 


※この作品は『小説家になろう』サイトにて2013/11/10に投稿したものです。