しばいヌの地下吠え(狩)

一方的に吐き出したりダダ漏れしているブログです☆ひととなり詳細については『備忘録カテゴリ』をご参照ください。

「メメント・モリ」(再録)

あの時私は何故、彼を止められなかったのか。

四半世紀の時を越えて尚、苦い思い出がじわりじわりと、胸の奥で燻り続けていた。

しかし未だに答えは出ない。


あの時彼に、何と言う言葉を返せばよかったのかを。


上手い事を言えば言うだけ、言葉は思いからどんどんかけ離れてゆき、心を見失ってしまう。


『俺が死んではいけない理由とは何か、言ってみろ』

感情のままに言葉を幾ら紡ぎだしても、真正面からその全てを否定された。

意地になっているのか、それとも何かに取り憑かれていたのだろうか。

われわれの意見は、ただの一言たりとも、交わることは無かった。

 

「未だに答えが出ないのであれば、あの時に何も言えないのは当然ではありませんか?」

男は、私をなだめるように微笑みながらそういった。

しかしそんな気休めが、私を癒すことは出来ない。

「そうかもしれません。しかし答えを見つけ出せないままでは、私はいつまでも後悔し続け、これからを背負って生きていくことになるのです。それが私の償いだというのならば、それはそれで構いませんが・・・」

男は少し考えてから、こう言った。

「そうですね・・・つまりは、そういうことなのでしょう」

「?・・・一体何が、どういうことなのですか?」

理解しがたいという風に返答すると、男はゆっくりと語りだした。

「彼が放棄した苦しみと人生を、あなたが背負わされるということですよ。それが、彼を引き止めなくてはならなかった理由ではないでしょうか?今なら、あなた自身が見に沁みてその辛さを体感できているはずです。」

 


失ってから気づく、ということは、正にそういうことなのかも知れないと。


しかしそれを、彼が命を絶ったあの日からずっと、引き受けていたのにもかかわらず。


それが果たして何だったのかという事実に、今ようやく気づいたのだった。

 

 

 


※この作品は『小説家になろう』サイトにて2013/10/30に投稿したものです。